このエントリーをはてなブックマークに追加

パワーランチの取り組み事例:社内開発の情報共有

こんにちは、インフラストラクチャーグループ マネージャーの黒木です。
今回は、弊社で継続的に行われている取り組み「パワーランチ」の中から
社内で開発したタイトルの情報共有を進めた話をご紹介します!

 

まえがき

パワーランチとは、昼食を取りながら会議や情報共有などを行うことです。
マーベラスでは、セミナー形式での発表が多いです。
参加者へはお弁当を無料配布しています。

メニューは回によって様々です!毎回「今日は何かな?」と皆楽しみにしています。

 

今回のパワーランチの内容

とあるタイトルの開発が終わったタイミングで、
溜まったノウハウや技術的に挑戦した結果共有など
パワーランチで話したい内容が多く、内容も多岐にわたりましたので
テーマ別に分けて5回(!)のパワーランチで色々話していただきました。
各回のテーマは下記の通りでした。

1. UI
2. 自動化
3. エネミーAI・NPC
4. グラフィックス・エフェクト
5. プラットフォーム移植

普段はプログラマーが発表することが多いのですが、
今回はデザイナーの方にも登壇いただき、グラフィックの軽量化や
ポリゴンをどう減らすかといった話も聞け、いつもとは違う視点で
参考になることも多かったようです。

 


それぞれの回で、どんな課題があってどう解決して、という点が
現場のリアルな空気感とともに共有されており、
同じような課題を抱える別のプロジェクトで、参考になりそう!という感想も出ていました。

 


また、参加者に毎回アンケートを取っており、感想を登壇者へフィードバックするとともに
継続的な改善ができるよう、意見を集めています。

 

おわりに

弊社ではオンラインタイトルとコンシューマタイトルのどちらも開発を行っているので
オンラインタイトルのエンジニアが、普段あまり接点のないコンシューマタイトルの
開発現場の話を聞いたり、またその逆もあることで
刺激になったり、新しい視点を得たりといった効果もありました。

引き続き、パワーランチでの社内の活発な情報共有に期待しています!
パワーランチ運営・登壇者の皆さん、いつもありがとうございます。

マーベラスでは、楽しい環境でゲームづくりを行う仲間を募集しております。
詳しくは採用情報をご覧ください。


Comments are closed.

Post Navigation